採用

TOP MESSAGE

パセリのビジネス戦略について

メディア運営を通じて、学びを求めるユーザーとスクールを繋げるお手伝いをしてきた当社。創業当時から「より多くのユーザーの学びへの興味を促し、スクールと共に学び業界を発展させること」を方針としてきました。

ユーザーが学ぶ目的は時代と共に変化し続けますから、就労支援のため、充実した生活のため等、様々なニーズにマッチしたコンテンツやサービスを増やしていきたいですね。

営業スタイルにおいても一貫して「ソリューション営業」にこだわり、単に資料請求数を増やすだけではない、顧客ごとの最適なアプローチ戦略をご提案しています。 昨今、業界全体で当社のようなスタイルが求められている中で、「学び市場を創造」するリーディングカンパニーとしての役割にも期待をお寄せいただいております。

これにお応えするために、メンバーは常に「顧客やユーザーが何を求めているのか」と、世の中の出来事に対してアンテナを高く張ることが大切です。当社では年齢、置かれているポジション等によらず、主体的に情報をキャッチアップしにいくことを求めています。そして決まった商品だけでなく、真にお客様から喜ばれるサービスを展開すること。それがマーケット創造、その先の当社の発展へと繋がると考えています。

これらのビジネスを展開していく上で、課題となるのが「人」の採用と育成です。
過去の常識に囚われることなく、広い視野と見識を持ち、実行できる新しい力を求めています。

求める人物像

我々が扱う「メディア」とは、自ら手を加えることで形になる「中間商品」です。時代のニーズと共に常に変容するもので、待ちの姿勢では仕事になりません。
ですから、好奇心旺盛で熱中できる人、変化を楽しめる人、発想力を主体的に発信できる人がこの仕事には向いていると思います。

また、弊社は30人という少数精鋭。一人ひとりのメンバーがビジネスを生み出し、プロデュースする力が求められます。プロデュースとは、自分の発想を実現させるために、様々な困難を解決しながら周囲を巻き込んで創造していく仕事。自分自身の感じたことをしっかり表現でき、いざという時に責任を持って行動する力が必要となるでしょう。

パセリには、年次、学歴、男女問わず、早い段階でプロジェクト参加や様々な経験を積める環境があります。また評価制度も、個々の良いところを加点方式で評価する風土が根付いています。だから失敗を恐れずに、自分の得意なことを発信してほしい。そこを伸ばすためならば、私をはじめ、先輩たちも全力で協力します。

学生のみなさんへメッセージ

私の前職の社訓に"自ら機会を創りだし、機会によって自らを変えよ!"という言葉がありました。 会社が人を育てたのではなく、社員が自分を変え、会社を変えていく。本来の中小企業が大切にしなければならない言葉だと思います。
よく、「会社がどんな成長をさせてくれますか?」というご質問をいただきますが、私は成長できるかどうかは、自分次第だと思っています。
人生に正解はありません。だからこそ、自分たちで人生を作り出しましょう。その意気込みがある方は、きっとどこでも活躍できるはずです。

株式会社パセリ 代表取締役代表 鈴木稔